HOME>レポート>開業したいならハウスクリーニング【差別化を図ろう】

開業したいならハウスクリーニング【差別化を図ろう】

スポンジ

方向性を定める

初めてハウスクリーニングの仕事を開業する場合には、単にお店を構えて宣伝しただけではお客さんはなかなか来てくれません。似たようなお店も地域にあれば当然お客さんの取り合いになってしまいます。この場合に、妥当なアドバイスがあるとすれば、他の業者よりも価格を安くすることです。これにより、ハウスクリーニングを開業してからしばらくするとお客さんを得ることはできるでしょう。ですが、このやり方だと単価が安いことから働いた割にはあまりお金が入ってこないことになってしまいます。伸び代がなく、忙しいだけで大して儲からない可能性が高いです。もし、他の業者よりも儲けたいならば、他の業者とは違う個性を出すことが大事になります。

清掃用品

気をつけることとは

ハウスクリーニングの開業をしてから、他のハウスクリーニング業者と違う個性を出すとすれば、売り上げが高くなるのは間違いありません。ただ、他の業者と比較した場合に少しだけやり方を変えただけではなかなかお客さんがこないため注意が必要です。そこで、他の業者が決してやらないことを売りにすれば、活路を見出すことができる可能性が高いです。例えば、ハウスクリーニングの業者は朝の9時から夕方の7時ぐらいまで営業しているのが普通ですが、時間帯をずらして深夜時間を中心に活動することで、差別化を図ることが出来ます。また、単に建物の掃除をするのではなくコンセルジュとして開業することで、ライバル店との差別化を図ることが可能です。

広告募集中